病気の場合は早急に治療にあたることが大切

その不調は仮面うつ病かも

カウンセリングを受ける男性

病気と気付きにくい「仮面うつ病」に要注意

抑うつのような精神的症状は目立たず身体的な不調が起こるタイプのうつ病を「仮面うつ病」といいます。うつ症状を自覚しても症状を隠して元気にふるまおうとしますが、そのストレスが体を攻撃してしまうため、身体的な症状が出やすくなります。うつ病の人が仮面をつけて症状を隠している、という意味で、その病名が付けられました。仮面うつ病は、体の不調を訴えて病院で検査を受けても気質的な異常が見つからず、また、うつ病のような精神的症状も目立たないため、なかなか発見されにくい病気です。気づかずに放置していても自然には治りにくいので、疑わしい兆候が見られたら専門科の治療をうける必要があります。発見するには、仮面うつ病チェックリストで確認して、自分で仮面うつ病の可能性があるか調べてみるのがよいでしょう。たとえば、仮面うつ病を発症すると、倦怠感、食欲不振、めまいなどといった全身の不快な症状が起こりやすくなります。頭痛、腹痛、肩こりを訴える人も多いのですが、まさかうつ病のせいで起きているとは考えのつきにくい症状かもしれません。そのほか、めまい、動悸、睡眠障害などを訴える人もいます。もし、仮面うつ病チェックリストに挙がるような症状が慢性的に続き、日によって症状が移り変わっていくようならば、臓器の病気というよりは、体に原因はないけれども自律神経のバランスが乱れて身体的な不調が起こる、仮面うつ病のようなこころの病気が疑われます。

仮面うつ病の発症は、うつ病と同様に環境やその人の気質が影響していたり、ストレスを受けたりしたことが原因になると考えられています。タイプとしては、特に真面目な人、責任感の強い人がかかりやすいようです。もし、休息を取ってみても仮面うつ病チェックリストに挙がるような身体的症状が続く場合、また、不調のせいで日常生活や仕事に支障が出ている場合は、そのまま放置せずに受診し、まずは原因を究明することが大切です。自己判断で病名を判断してはいけません。場合によっては心の病気ではなく、器質的な疾患がひそんでいる可能性もあるからです。それぞれ専門的な治療が必要になるので、まずはかかりつけの医者か、内科、心療内科に相談して検査をしてもらうとよいでしょう。仮面うつ病の治療には、うつ病と同様に十分な休養、投薬、カウンセリングが必要となります。うつ病は放置すると慢性化・悪化しやすい病気で、早期に発見するほど治りやすくなるので、仮面うつ病チェックリストの症状に該当するようなら、早めに受診することがのぞましいです。うつ病や仮面うつ病は、頑張り屋さんがかかりやすい病気ですが、それゆえに発症しても「自分の心が弱いからだ」と自分を責め、休息や治療をきちんと受けないケースも多いようです。うつ病は心の弱さとは関係ないため、患者としてきちんと治療を受ける必要があります。それには、周囲の人や担当医のあたたかい支えも必要となるでしょう。