病気の場合は早急に治療にあたることが大切

病気の早期発見に役立つ

ハートと聴診器

セルフ診断で受診準備を

うつ病と言えば精神疾患である事は誰でも知っています。気持ちが落ち込んでしまい、意欲がわかなかったり、仕事や家事・育児が困難になるというのがよく知られたもっともメジャーな症状です。しかし、うつ病にも様々な種類があり、それには当てはまらないパターンも存在します。例えば、仮面うつ病がその一つです。うつが仮面を被って潜んでいる様子からそのように呼ばれます。仮面うつ病では精神症状よりはるかに大きく身体症状が現れます。肩凝りやめまい、頭痛や吐き気など一見すると精神疾患とは対照的なような症状がでるのです。通常、このようにめまいや頭痛、腹痛など「なんとなくあちこち体調が悪い」というのを医療業界では不定愁訴と呼びます。様々な症状があるものの検査をしてもこれといった病気がないのが特徴です。このような症状が現れて真っ先にうつ病を疑う人は少なく、まずは内科へ行ったりします。そのため仮面うつ病は発見が遅れてしまうリスクがあります。長引く身体症状がある場合はうつ病も疑う必要があります。インターネットで検索すると簡単に仮面うつ病チェックリストを見る事ができます。この仮面うつ病チェックリストでまずはセルフチェックをしてみましょう。チェックした結果、病気が疑わしい場合は迷わず専門医を受診しましょう。

精神症状より身体症状の方が顕著に現れる仮面うつ病ですが、通常の体調不良として内科にかかると基本的には対症療法での治療という事になります。腹痛に対して整腸剤、頭痛に対して痛み止めなど、症状に応じた薬が処方されるのです。ただの体調不良であればそれで問題ないかもしれません。しかし、根元がうつ病であった場合は根本の治療がなされていない事になり完治に繋がりません。うつ病は精神疾患ですが気持ちの問題ではありません。仮面うつ病チェックリストを確認してうつ病が疑わしい場合は心療内科など専門医で治療を受ける必要があります。仮面うつ病で心療内科を受診する場合の経緯は大きく分けて2通り。インターネットや書籍などの情報から仮面うつ病チェックリストでセルフチェックするパターンか、もしくは内科などの他科の医師よりうつ病ではないかと指摘されて紹介されるパターンです。どちらの場合も受診方法は変わりません。基本的には内科などと同じで健康保険証を持参して受診するだけです。しかし、病院ごとに診療時間が異なります。予約が必要な病院や、総合病院の場合は紹介状が必須の場合もありますので、受診したい病院が決まった際はインターネットや電話にて受診前に条件を確認しましょう。